「コロナ禍のオンライン産後ケアプログラムの効果」

調査研究報告会@オンラインのご案内

名称未設定のコピー (16).jpg

2020年初夏に、「コロナ禍でできることはないか?」とオンラインによるストレッチ+対話+セルフケアのプログラムをリリースしてから1年。

たくさんの産後の方にご協力をいただき、また、日本体育大学と大阪行岡医療大学のご協力を得て、プログラムの効果を測定する調査研究を行いました。
 

その調査研究のご報告会をオンラインで開催いたします!

どなたでもご参加いただけますし、お子さまが傍らにいながらのご参加も可能です。
 
研究を主導してくださった大学の先生お二人も、小さな子どもを育てる同世代の女性で、難しい話も簡単にわかりやすくしてくださるとっても気さくな先生です。

開催概要

内容

  • マドレボニータの活動、調査の背景、今後の活動など

  • 研究報告「コロナ禍における産後女性の心身の健康増進を目的としたオンラインプログラムの効果」

  • 質疑応答

研究者紹介

野村由実氏

日本体育大学体育科学研究科助教,博士(スポーツ科学)

荒木智子氏

大阪行岡医療大学助教、理学療法士、博士(医学)

日程

2021年7月28日(水)

15時00分〜16時00分

参加方法

ZOOMを利用します。

接続方法詳細はお申込み受付後にご案内させていただきます。

※参加費は無料です